アイピルが人気の理由

さまざまな種類があるアフターピル。性行為後72時間以内の1回のみの服用で良いものや72時間以内に1回目を服用し、さらに12時間後に2回目の服用が必要なもの、最大120時間以内に1錠を服用すれば約85%もの避妊効果のあるものなど本当に種類はいろいろあります。その中でも人気が高いものがアイピルなのです。1錠を1回の服用で良いことや、ジェネリック医薬品である上に安いということが人気である理由に大きく関わっています。

産婦人科で処方されるよりも安い、ジェネリック医薬品のアイピル

私は過去に一度、産婦人科でアフターピルを処方してもらったことがあります。避妊に失敗してしまったとき、24時間以内に服用すると、約95%の確率で避妊が可能になるというものです。一般的なアフターピルは、処方箋が必要で保険適用外なので割高に感じるかもしれません。しかし、アイピルは通販でも手に入り、ジェネリック医薬品なので大幅に安い価格で提供されます。アイピルのおすすめポイントはどこか、ジェネリック医薬品の特徴も交えて順を追って説明します。

アイピルの効果

3つのハート
まずはアイピルの効果からご紹介します。妊娠するまでには卵子と精子がいくつかの工程を踏みますが、アイピルは①排卵を抑える②受精しにくくする③着床しにくくする効果が得られます。それはアイピルが、日本の産婦人科で処方される「ノルレボ錠」というアフターピルの成分と、同じ成分で作られたジェネリック医薬品だからです。

ジェネリック医薬品とは、ある薬の特許期間が切れたのち、他の医薬品メーカーが同じ成分・同じ効き目の薬を作り、通常よりも安い値段で売る医薬品のことを言います。つまり、病院で処方されるアフターピルの成分・効き目と、アイピルの成分・効き目は同じものが期待できて、しかも安いということです。

ジェネリック医薬品だから、アイピルはとにかく安い!

アイピルはジェネリック医薬品です。そのため上記で説明した通り、すでに開発された薬と同じ成分で作られているため、開発費がかからず安いんです。一般的なアフターピルは保険適用外なので、病院に行くと診察代・薬代で1万円を超します。しかしアイピルは1錠を千円少し超すくらいで購入できます。実際に数字にすると、とても安いことが分かりますね。

アイピルは常備薬にできる

常備薬
先ほども書きましたが、通常のアフターピルは医師の診察が必要です。そしてその診察では一回分のみ処方されます。ですがアイピルは自分が必要な分注文し、手元に置くことができます。アフターピルは、避妊失敗後から72時間以内に服用しなければ効果がありません。仕事が忙しくて時間が全くとれない時や海外旅行中など、病院に行けない時でも常備していればすぐに飲むことができます。すぐに薬に頼ってしまうのも良くないことですが、とても安心ですよね。

一回一錠でOK

私が以前、病院で処方されたアフターピルは副作用を減らすためか、2回に分けて飲む薬でした。2回目の時間を忘れないか、ドキドキしながらタイマーをかけ、時間ぴったりに2錠目を飲んだ記憶があります。ですがアイピルは一錠飲むだけで終わりですので、飲み忘れもなく安心です。

手軽に手に入る!

通販で買えるイメージ
アフターピルは今まで、医師の処方箋がなければ手に入らないものでした。ですので、避妊を失敗したと思ったら、なるべく早く診察に行くことが必要でした。私も一度アフターピルをもらいに行った経験がありますが、それまで産婦人科に足を運んだこともなかったので、とても緊張しました。受付で避妊に問診票をもらい記入し、その際に避妊に失敗した旨を伝えます。その後、医師との問診でアフターピルが処方される流れになります。特に内診はありませんが、当時は筆者も若かったので、恥ずかしさや後ろめたさがありました。

しかしアイピルは通販で手に入るので、そういった恥ずかしさや後ろめたさを感じずに手に入れることができるのも良い点です。また、病院で診察を受ける手間が省けるということは、診察料がかからず安いということにもなります。ただし、通販ですので手元に届くまでに時間がかかります。万が一のために、あらかじめ用意しておきましょう。

ただし、副作用もあるので注意も必要!

一般的なアフターピルには、一部の方に副作用があります。アイピルも処方されるアフターピルと同じ成分が入ったジェネリック医薬品なので、同じような副作用があります。副作用としては頭痛、吐き気、生理不順などがあります。

手軽なアイピルは自分自身の身体を守れる安心感

菜の花畑の中心にいる女性
病院で処方されるアフターピルとアイピルの違いについてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。アイピルの良さについてまとめると、①ジェネリック医薬品なので、病院の処方薬と同じ成分・効果が得られる②通販で購入できるので、診察代が不要で安い③ジェネリック医薬品なので、アイピル自体が安い④常備薬として手元におけるので安心という4つになります。当時10代だった私の経験では、初めての産婦人科はアフターピルをもらいに行くという出来事で情けないやら恥ずかしいやら、周りは妊婦さんが多くて気恥ずかしいやらで、冷や汗ばかりでした。

そしてアフターピルをもらうまで、生理が来るまでの何日間かは本当に不安な日々を過ごしましたし、お財布にもかなりのダメージを負いました。その時とは状況が変わって、アイピルはお手軽・安い・安心がつまっている商品だと思います。自分の体を守れるのは自分です。自分の体を大切にするためにも、アイピルはおすすめです。