アフターピルを個人輸入代行、処方した際のメリット・デメリット

海外の場合、アフターピルはネットでの購入はもちろんのこと、市販でも購入が可能です。しかし、日本は市販で購入することはできません。そういった時、アフターピルを購入できる方法が、個人輸入代行もしくは病院でそれを処方してもらうという方法になりますが、そのメリットとデメリットについて、それぞれ見ていきましょう。

病院で処方した際のメリット

病院を受診しているイメージ
病院でアフターピルを処方してもらう際のメリットはいくつかあります。まずは、安心を得られるということでしょう。個人輸入代行でアフターピルを購入した際、インターネットに書かれている説明や情報がすべてとなります。そのアフターピルがあなたの体に合っているかどうかというのは、自分で試してみなければわからないので、こんなに不安で怖いことはありませんよね。

ですが、病院でアフターピルを処方してもらった場合には、あなたの体調などを医師によって診断してもらうことができます。そのため、あなたの体に害を及ぼす影響ということは基本的ないと言ってよいでしょう。安全にアフターピルを使いたいという方には処方でそれを得るのがメリットとなります。また、それ以外にも初めてアフターピルを使うといった場合に、どんな症状が起こり得るとか、どんな経過で結果が出るのかなどを説明してもらえるのもメリットだと言えるでしょう。

病院で処方した際のデメリット

それでは逆に処方した際のデメリットはあるのでしょうか。それは、費用がかかるということです。病院などに行けば、もちろん診察料がとられますから、初回であれば、大体数千円前後とられることになります。そして避妊薬は保険適用外の為、全て含めると¥8,000円~¥15,000円前後の出費がかかると言われているので、デメリットとなるでしょう。

また、恥ずかしい思いをするということです。もちろん、病院側はあなたがアフターピルを処方しに来たことに対して、全く恥ずかしいとか、「何でこんなものを頼みに来るんだ」なんて思っていません。ですが、そういった思いを抱いているのではないだろうかなどと、病院へ行く側としては思ってしまうので、こういう思いを抱いてしまうことは、処方の際のデメリットと言えるでしょう。

個人輸入代行のメリット

ネット検索をしている女性の手元
処方にもメリットとデメリットがありましたが、個人輸入代行でアフターピルを得る際にはどんなメリットがあるのでしょうか。個人輸入代行の際には、インターネットでの取引となることがほとんどとなります。そのため、直接相手と顔を合わせることはありません。処方の際には恥ずかしい思いをしなければいけなかったことも、個人輸入代行でアフターピルを購入する際には、そういった思いをしなくて済むというのが、1つ目のメリットです。

また診察料はかからないので、¥1,000~¥5,000円程度での購入が可能です。費用も安くなるというのは、無駄な出費をこれ以上増やしたくないと思っている方にとっては、非常にメリットがあるといえるでしょう。多くの病院で避妊薬として用いられているノルレボ錠も今ではジェネリック医薬品として取り扱いが可能なのでアイピルやアンウォンテッド72としても個人輸入代行サイトで販売されています。さらには、インターネットがつながる所であれば、どこでもいつでも購入できるのが個人輸入代行です。病院に行く手間や時間を省くことができるので、色々な面で節約ができるのが、個人輸入代行のメリットです。

個人輸入代行のデメリット

逆に個人輸入代行のデメリットはどんなものがあるのでしょうか。1番のデメリットは、自分の体に合わず、ものすごい副作用を出してしまうなど、安全面での保障がないということです。もちろん、アフターピルとして海外ではちゃんと市販されているものですから、基本的には問題はないとされています。

しかし、通販な上に実物を見ていない状態での購入なので、中には偽物を購入させられてしまう場合もあります。そのため、初めて個人輸入代行サイトで購入する場合は口コミや評価を見てみましょう。アフターピルはホルモンバランスを意図的に乱す働きをするので、体調を崩しやすくはなるでしょうか。しかし、あまりに症状が酷かったり、落ち着いてくるのでは無く悪化するなどがある場合は、早急に病院を受診するようにしましょう。

それ以外のデメリットとしては、インターネットで注文した場合、最低でも1日は配達されるのに時間がかかります。処方の際には、病院へ行ってすぐに薬局に行けばすぐにアフターピルをもらうことができますが、個人輸入代行となると、注文からそれを手にするまで時間が空いてしまうというデメリットがあります。そのため、事後に一か八か個人輸入代行でアフターピルを購入するのではなく、いつ必要になっても良いように事前に購入して、その時が来たら服用できるようにしておきましょう。

初めは処方、次から個人輸入代行での購入もオススメ

2匹の招き猫の置物
今までで分かったように、高くても良いから自分の体質や体調に合う避妊薬を確実に欲しい人やしっかり説明を聞きたいといった人は病院処方、人に合わず注文から受け取りまで出来て、安く避妊薬が手に入ることで満足という人は個人輸入代行が良いでしょう。もし、アフターピルを服用することが初めてで不安だという人は、病院処方の避妊薬を試した後に同様もしくは似た薬を個人輸入代行で購入する、といった方法も可能です。アフターピルを手に入れる際にはこの2つのルートが主流ですが、どちらにもそのメリット・デメリットがあるということを理解した上で、自分に合った方法を選びましょう。