いろいろあるアフターピルの種類

性行為後72時間以内の服用をすることで、妊娠の危険性を著しく下げることが出来るアフターピル。状況はさまざまですが、性行為中にコンドームが破れてしまったり、外れてしまったり、もしくは妊娠を望んでいないのに無防備な性行為を持った、レイプ被害を受けたなどがあげられます。こうしたハプニングで避妊に失敗した時に、望まない妊娠をしないために服用する薬です。

勘違いをしないでほしいのが、強制的に子宮内膜を剥がす働きをするアフターピルですが、それは妊娠成立前つまり、受精卵の着床前を前提として服用してください。着床後の服用をした場合には、妊娠安定剤としての役割をするので注意が必要です。そんなアフターピルにはいろいろな種類があります。一体どう違うのか、代表的なものからみてみましょう。

同じアフターピルでも服用方法が異なる

水を飲んでいる女性
また、アフターピルはプラノバール錠とノルレボ錠の大きく2種類に分けられます。これらは、ヤッペ法(プラノバール錠)とノルレボ法(ノルレボ錠)というそれぞれの服用方法があります。

ヤッペ法

性行為から72時間以内に、1回目の服用をする。そして、その後12時間後に2回目を服用する。1錠もしくは2錠を種類によって用量を守り、服用することが必要。計2回の服用が必要になる。病院からの処方の場合、約¥5,000円~¥7,000円と比較的安価で済む。しかし、副作用がかなり強い吐き気や頭痛が出るとも言われている。ノルレボ法が用いられる前まで、一般的に用いられていた服用方法。

ノルレボ法

性行為から72時間以内に1錠もしくは2錠を服用する。服用する薬の種類によって、用量は守り服用することが必要。病院の処方の場合、約¥10,000円~¥15,000円の費用がかかってしまう。ヤッペ法と違い、1回の服用で済む上に副作用も比較的軽く済む。

マドンナについて

2輪の花
72時間以内に1錠目、それから12時間以内に2錠目を服用して合計2錠で避妊効果が期待できます。用法・用量を守り服用すると、失敗率は約2.5%程度しかないと言われています。排卵・受精・着床を全ての過程で阻止する働きを持っているのです。ただし、100%では無い上に、副作用は頭痛や吐き気、不正出血などが強く出てしまう場合もあります。有効成分はレボノルゲストレルで0.75mgが含まれています。個人輸入代行通販サイトでは、1錠定価¥1,500円程で各サイトによって、割引やキャンペーンなどもあります。

エラについて

通常のアフターピルは72時間以内の服用がオススメだが、エラは120時間(5日)以内の服用でも約85%以上の避妊効果が期待できるのです。ノルレボ法が採用されているので、1回1錠の服用で済みます。有効成分はウリプリスタール酢酸エステル30mgが含まれています。エラは他のアフターピルに比べ少し値が張り、1錠の定価が¥5,500円程度です。避妊効果を表すための使用時間制限が長いので、強いから中絶にも効果があると思う方もいるようですが、決してそのようなことは無いので、使用用途を理解した上での服用が必要です。

アイピルについて

クリスタル
多くの国で人気のアフターピル。病院で処方されるノルレボ錠のジェネリック医薬品です。有効成分である、レボノルゲストレルは1.5mg含まれていて、ノルレボ法が用いられているので性行為後72時間以内に1回服用するだけで避妊効果が期待できます。副作用はヤッペ法のアフターピルより比較的軽いと言われていますが、アフターピルである以上は一時的にホルモンバランスを急激に変化させる為、頭痛や吐き気を伴う場合がありますので体調の変化にはご注意ください。

24時間以内の服用で約95%、72時間以内で約75%の避妊効果が期待できます。定価はマドンナ同様、1錠¥1,500円程度で販売があります。

全てのアフターピルに共通する注意点

副作用として、どうしても吐き気や嘔吐を伴います。服用後、2時間以内に嘔吐してしまった場合は薬が吸収される前に吐き出してしまっている可能性もある為、再度服用する必要があります。食後にアフターピルを服用すると、比較的吐き気は起こりにくいと言われています。また、2度目の服用後も2時間以内に吐き出してしまった場合は、そこで服用を止め病院を受診しましょう。

服用後2時間以上経過した後の嘔吐の場合は、アフターピルは吸収された後だと考えられる為、再度服用する必要はありません。もし気になるからと、自分勝手な判断で再度服用してしまえば、より副作用は辛くなり健康被害を起こしかねません。用法用量はしっかり守って、服用しましょう。