0%では無いアフターピルの避妊失敗率、その対策方法は…

アフターピルは、女性ホルモンを配合した緊急避妊薬のことで、服用することで女性ホルモンのバランスを変化させることができるため、性交後72時間以内に服用することで、避妊効果を得ることができます。そのため、コンドームを使用した避妊に失敗したときや、性犯罪に巻き込まれた女性のための避妊対策として使用され、性交後から24時間以内の服用であれば、90%以上の避妊成功率となります。ただ、低用量ピルほど避妊効果が高くなく、避妊失敗率は0%ではありませんから、きちんと対策をとることが大切です。

低用量ピルとは

処方の薬
低用量ピルは、99.9%という高い避妊率を誇っていますが、これは1日1回同じ時間に飲み続けることで得られる効果で、飲み忘れてしまった場合は避妊効果を得ることができません。ただ副作用も少なく、コンドームとは違って女性が主体となって避妊できる道具としても支持され、海外では避妊対策として一般的となっています。しかし、日本ではまだ避妊対策として使用する人は少なく、ほとんどが月経痛や子宮内膜症などの治療薬として使用されています。

低用量ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンを合成した薬で、排卵を抑制します。その働きで妊娠に近い状態にして、妊娠を回避することができます。低用量という名前の通り、含まれているホルモンの量が少ないので、吐き気などの副作用も少ないのが特徴です。

アフターピルの効果

アフターピルはコンドームなどでの避妊に失敗した時に服用することで、強制的に生理を引き起こして妊娠を阻止することができる薬です。ただ強制的にホルモンバランスを崩すため、体に対する負担も大きいというリスクもあります。性交後72時間以内に服用することで、80%程度の避妊成功率を得ることができますが避妊失敗率0%ではなく体への負担が大きいため、安易な使用は避ける必要があります。
急激にホルモンバランスを変化させるため、吐き気や頭痛などの副作用も出やすいのです。何度も服用すると血栓症などのリスクが高くなってしまいますから、常用せずあくまでも緊急時に限って使用することが重要です。

避妊失敗率

困っている女性
一般的に避妊をしない場合、排卵期の前後で妊娠する確率は8~15%だといわれています。そのため、避妊成功率は75~82%程度といえます。アフターピルを使用することで、この避妊成功率を高めて避妊失敗率を下げることができますが、それでも0%の避妊失敗率にはなりません。性交後できるだけ早い段階でアフターピルを服用すれば、効果は高くなりますが、避妊失敗率は0%では無いので、きちんとコンドームなどで対策をとることが大事です。

避妊失敗率を下げる対策

アフターピルを服用すれば、100%避妊ができると思ている人もいるかもしれませんが、これは大きな間違いで、実際には正しく服用した場合でも、避妊失敗率は0%ではありません。あくまでも避妊に失敗した性行為の応急処置にアフターピルを服用する、という使い方をするものという認識を忘れないようにしましょう。確実に避妊をしたいという人には、低用量ピルを服用することをおすすめします。

アフターピルの避妊失敗例は服用後に吐き出してしまったり、使用したピルが偽物だった、飲み忘れ、時間が遅すぎるなどです。
服用後2時間以内に嘔吐した場合、体に薬が吸収されていないため、十分な避妊効果を得ることができません。そのため対策としては、吐き出してしまった場合は追加でもう1回分を服用することです。ただ過剰摂取を防ぐためにも、十分成分が吸収されているようであれば、追加する必要はありません。最近は偽物も数多く出回っていて、成分量が不十分であったり、有害物質が含まれている可能性もあるので対策として正規品を選ぶようにしましょう。

最後の切り札

SOSのロゴ
しっかりと避妊をしていたとしても、避妊失敗率は0%ではなくコンドームが破れていたり、中出しされたなど妊娠する可能性は十分にあります。そんな避妊の失敗や間違った避妊法などで、もしかしたら妊娠したかもしれないと不安になる女性も多いのではないでしょうか。

ただ、これらの女性の中には、性行為後にも避妊できる方法があるのを知らない人も少なくありません。こういった女性の多くは、適切な対策をとらなかったため望まない妊娠をして、数ヶ月後に中絶手術をうけるというケースもあり、お腹に宿った小さな命を絶っています。性行為後にも、妊娠を防ぐ対策があることを知っていれば、中絶手術を防ぐこともできます。

アフターピルは高い避妊効果がありますが、それでも避妊失敗率は0%ではありません。服用する時間が遅くなればなるほど、妊娠する確率は高くなってしまいますから、常備薬として緊急時にすぐに服用できるようにしておくことが大切です。

低用量ピルに比べ、吐き気や頭痛、めまいなどの副作用が心配な人も多いと思いますが、現在主流となっているものは、飛躍的に副作用も改善され、おそれるほどの副作用はありませんから、安心して服用することができます。産婦人科を受診して処方してもらうのが望ましいですが、どうしても抵抗があるという人は、通販で購入することもできますから、検討してみるとよいでしょう。